日々雑感。へ

Picture −レンズ付きフィルムの難しさ−

 前に桐生まで行ったときに、「写るんです」でいいだろうと思って、それを購入して撮影したのですが、いざ現像してみると、指が入っていて全然写真になってなかったことがありました。その時使用したのはAPSのやつで、ものすごく軽くて小さいものでした。
 現像して初めてわかったのですが、普段、1眼レフカメラを使用している人にとっては、こういう小さなカメラでは全然感覚がつかめないという事です。はっきりいうと、どうやったらうまく撮れるのでしょう、と思ってしまいます。
 僕の場合、いわゆるコンパクトカメラというのは以前にも経験したことがありますが、いつのまにか1眼レフカメラを持っていたという事もあり、そういう部分では仕方のない部分もありますが、普段からこうしたカメラにも慣れておくことが必要なのでしょうね。
 なんでも「小型化」といいますが、小さすぎて使えないというのも考え物ですね。