日々雑感。へ

QUEST
探偵事務所の最後の仕事

原作・きょうたる氏
アレンジ・kow

 ここは東京の池袋。クエスト探偵事務所を作り3年目。客の入りはあまりない。時々、同業者からの野暮用みたいな仕事をしているのが現状だ。窓のブラインドを指で広げて空を見ると、廃棄ガスで染まった雨が降ってきた。今日はこれで帰ろうと思い、書類を整理し始めようと思ったとき、澄んだ靴音を室内に響かせ、ドアがノックされた。

「入ってます」

 所長の河井良一(かわいりょういち)がそう言う前に、所員である沢田和樹(さわだかずき)がドアを開けた。

「どうぞこちらへ」

 沢田はそう言いながら客の本田綾香(ほんだあやか)を事務所のソファーに座らせた。

「え〜っと、まずお名前は?」

「本田と申します」

「そして、どのようなご用件で…?」

「私の妹が…さらわれてしまったんです」

「ほう、ほう」

 副所長の大久保利幸(おおくぼとしゆき)が身を乗り出して聞いてくる。

「妹さんは、どこでさらわれたんですか?」

「東京の新宿で、バスを待っていた時です」

「新宿といったら、今回のようなのが多いんですよね。ちょっとチャネリングで探してみましょう」

 沢田は、三角錐のガラスに糸をつけ、東京の地図の上で、チャネリングを始めた。そして…。

「え〜っと、出るには出たのですが…」

 沢田はそういって首を傾げた。

「どうした?何か変なのか?」

 河井が答えを促すと、沢田はいかにも不思議そうな声で答えた。

「チャネリングで出た答えが、東京湾なんです」

「何ですって!?」

 本田はそういうと口をつぐんだ。

「場合によっては、ということがあるので、3時間後くらいにまたやってみましょう」

 だが、時間をおいて繰り返しチャネリングを行うにつれて、みんなの顔が硬直し出すのであった。

「所長、ラインが読めました」

 沢田が電話の受話器を置きながら叫んだ。

「香港です」

「何故分かった」

「同時刻に同ラインを通過するのを、飛行機会社へ問い合わせまして」

「何故妹が香港なんかに…」

 本田は再び口をつぐんだ。

「それを推理するのが私たち探偵事務所の仕事なんですよ。後は任せてください」

 大久保がそういうと、本田は

「宜しくお願いします」

 といって、目に涙を浮かべながら、事務所を出ていった。

「何故香港なんだろう。もっと他の場所があるだろうし…」

 河井が首を傾げていると、近藤麻美(こんどうあさみ)が答えた。

「あれ?所長は知らないんですか? 香港に誘拐犯のアジトがあるっていうの。アメリカ人、イギリス人、日本人などを誘拐したら、香港のアジトに送られるのですが、他国だから手の付けようがなくって、結局野放しみたいになっているんです」

 それを聞いた河井は、沢田にアジトの場所をチャネリングで調べさせるとともに、大久保に香港までの航空券を4枚とっておくように指示した。そうしているうちに、事務所の電話が鳴る。

「はい、クエスト探偵事務所です」

「お前らの知っている人質は預かっている。返してほしくば2億円用意しろ。また電話する」

 相手はそれだけを言うと、一方的に電話を切った。

「所長、脅迫の電話がかかってきました」

「何〜、何千万要求された?」

「2億円です」

「まいった、俺5000円しかないよ」と大久保。

「新聞紙を切って2億円作るか、それとも本気で用意するか」

「要求をのまない!! だってもったいないもん」

 これは河井。

「じゃ〜どうするんですか?」

「そんなの決まってるジャ〜ン!!」

「あくまでも、要求をのまないで人質をさらう」

「失敗したらどうするんですか?」

 そんなやり取りをしているうちに、また事務所の電話が鳴った。

「はい、クエスト探偵事務所です。はい、少々お待ちください。…所長〜!!、本田様から電話です」

「何か本田さんに連絡があったかな」

「恐らくそうでしょう」

 近藤の手から河井へと受話器が渡る。

「もしもし…」

「先程、妹から電話がありまして…」

「そうですか、それで何か音など聞こえましたか?」

「靴音がして、爆音みたいなのがして、電話が切れまして…」

「そうですか…、わかりました」

 河井はそういうと電話を切った。

「生きてるみたいだな」

「爆音がするのは飛行機のライン下で空港に近いところ、そして靴音がするというのはコンクリートが出ている場所や部屋、昔で考えると九龍城だと考えるのですが、今はないんですよね」

「香港のチャネリングはどうした?」

「香港の空港までは追いましたが、その後の追跡が出来ませんでした」

 沢田がそう答えると、大久保が頭を抱え込んだ。

「そうか、まいったな」

「恐らく香港まで行けば、チャネラ能力を発揮できると思います」

「香港行きのチケットが取れました」

 静まり返った事務所の中を、近藤の声が響く。

「用意をして、事務所に午後3時に集合しよう」

「わ〜い遠足だ〜!嬉しいな〜!」

「先生〜!」

「何だ」

「バナナはおやつに入りますか〜」

「そりゃあ勿論だ。500円以内だぞって、お〜い話が違う」

 クエスト探偵事務所の所員たちは午後3時に集合し、一路成田空港へと向かう。きれいな夕日が電車の窓を照らし、プリズムの原理でオヤジのハゲ頭を照らす。思わず吹き出してしまいそうな光景だ。

「成田に着く前から変な感じがするんだよな〜」

 沢田がふとそういった。

「何がだ」

「そういえば、後ろから歩いてくる人がいます」

「ちょっと走ってみましょうか」

「だな〜」

 大久保がそういうと、皆は一斉に走り出した。しかし、同時に追手も走り出す。

「やっぱり追ってきますね」

「も〜やだ。バックレちゃうぞ〜。皆バラバラになれ〜!!」

「おう」

 そういって皆はバラバラになった。追手は足がもつれたらしく、すっ転んで、沢田が後ろを振り向いたときは、鼻から血を出して嗚咽していたらしい。そして皆は息を切らしながら集合した。

「ひや〜疲れるわ〜」

「さてと、ゲートをくぐるかな」

 だが、ゲートをくぐろうとした一行は、空港警察の巡査、太田宏和(おおたひろかず)にその手をはばかれた。

「ちょっと待ちなさい」

「うお〜う、なんだなんだ」

「私、空港警察の太田と申しますが、ちょっといいですか?」

「はぁ?」

「単刀直入に申しますが、本田様が誘拐されました」

 太田の突然の言葉に、皆は思わず叫んでしまった。

「何ですって〜」

「池袋のスイングビルの前で、強制的に車に乗せられるのを見た人がいたそうです」

「スイングビルといったら…事務所のあるビルじゃなかった?」

「そうだ!!」

「だけど何故警察の人が知ってるわけ〜」

「私が連絡を取った。海外まで行くと事務所への連絡が取れないだろ。そして少しでもバックについていたほうがいいと思い、警察を呼んだ。沢田のチャネリングを信じてな」

「そりゃいい考えですね」

「宜しくお願いします。私は探偵事務所に行って待機してますから」

 太田はそういって、池袋の探偵事務所に向かった。

「なんかあの人…ボケ〜っとしてますね」

「昔うちの事務所にいて、仕事がなくて辞めていったんだ。机に向かって"ボ〜"としていた男だったからな」

「じゃあ行きますか!!」

「香港へGO!!」

 一行は、ようやくゲートをくぐって、飛行機へと乗り込もうとしていた。

「本田さんが誘拐されたか〜」

「連絡を取りようがないですね」

「いや、その点は大丈夫だ」

「大丈夫って?」

「本田さんの家には警察が張り込んでいて、逆探知を使用しているからな。電話が入ったときは、この携帯電話に連絡が入る」

「事務所に連絡があったときは?」

「事務所から携帯電話へ自動で回される。しかし3日以内だ」

「3日以内って??」

「何と3日で電話が切れるのだ。通話料金を払うのを忘れたからな」

 河井は、こんな大事なことを、いとも簡単に、しかも堂々と言った。

「何と!!」

「じゃあ太田巡査に入金してもらったら?」

「それがいいね〜、じゃ〜電話してみよう」

 おもむろに携帯電話を取り出し、事務所に電話をかける沢田であった。

「あっ、もしもし」

「クエスト探偵事務所でございます」

「太田さん?」

「あっ今のところ、事務所に異常ございません!!」

「それでね、ちょっと野暮用をお願いしたいんだけど〜」

「はい?何でしょう?」

「ちょっと大久保さんと代わります」

「はぁ??」

「え〜っとですね、野暮用なんだけど、電話料金を払ってもらいたいんだ」

「へ…??」

「電話料金を払ってもらいたいの〜」

「わかりました」

「伝票は私の机の右上にあるからお願いね〜」

「わかりました」

 そういって大久保は電話を切った。

「OKだってさぁ」

「良かったですね〜」

 一行の乗った飛行機は、空へ飛び立つ。きれいな街灯が小さく見え、空には星が広がっていた。沢田は星空を見ながら、自分のチャネラ能力の無さを実感するのだった。そして香港へ到着する。

「いや〜、やっと着いたぞ〜」

「じゃあ、沢田さん、チャネリングをやりますか」

「そうだな、ひとまず空港のロビーまで出よう」

「え〜っと、近藤、何か感じない? 寒いとか…」

「別に感じませんけど…」

「じゃぁOKだ。ここでチャネリングを行おう」

 沢田は空港のロビーの床に香港の地図を広げて、チャネリングを始めようとしている。皆が息を呑みつつ地図を見つめ、通りすぎる人々を気にしなかった。そして30分後、答えが出ようとしている。

「ここから東へ126q行った村ですね。そこに誘拐犯のアジトがあります。しかし、そこには本田さんの妹はいないようです」

「えっ??いない!?」

「はい、そこの村から20q離れたところの小屋にいるようですね」

「う〜む、厄介なことになったぞ」

大久保はそういうと考え込んでしまった。

「何が厄介なんですか?」

「場所が2ヵ所になると意外と大変なんだ。向こうに連絡がいかなきゃいいが…」

「ひとまず誘拐犯のアジトに行こう。そこへ行かないと始まらないからな」

 そういって誘拐犯のアジトに行こうとしたとき、沢田の携帯電話が鳴った。

「はい」

「あっすいません。太田です。事務所にFAXが送られてきたのですが…」

「じゃ〜転送してください」

「わかりました。少々お待ちください」

 そして転送されたFAXを見て、河井が呟いた。

「なんだこりゃ…」

「なになに〜?『ご苦労様です。今回のクエストは楽しかったでしょうか? 日本であなたがたの帰りを待っています』だって」

「え〜っ! どういうこと?」

 近藤が叫んだ。

「それで…『今回のクエストは冗談です。お土産忘れないでね。河井』」

「河井って、所長の名前じゃないですか?」

「俺はこんなこと書かないぞ」

「お土産ってなんだろうね?」

「もしかして、お土産を買ってきてもらうために、こんなことやらせるわけ〜? だって2億円の身代金があるんですよね?」

「俺はなぁ、1人あたま、ビジネスクラス片道10万4千円、合計83万2千円も払ってるんだぞ〜。あ〜っ、この先、立ち食いのプロにでもなるしかない〜」

「お〜っ、私はどうすればいいんだ〜」

 皆口々に思いを叫ぶ。

「どうすればいいんだ〜とか言ったって始まらないので…帰りましょう」

「いや、ひとつやらなきゃいけないことがある!!」

 河井が突然叫んだ。

「何でしょう?」

「お土産を買わないといけない!あと101をね〜」

「101は誰へのお土産なんですか?」

「ウチの猫が円形脱毛症でね、かわいそうだから101をぶっかけるのだ。それと近くの犬が毛玉がすごくて、毛を刈ったの。それにもぶっかけようと思ってねぇ」

「な〜んだ、所長が使うのかと思った」

「ばっばかな事を言うんじゃないょ」

「何所長は赤面してるんですか〜」

「なんだ〜、皆グルになって…。やだなぁもう冗談じゃないょ」

「そんなギャグは止めて、お土産を買って帰りましょう」

 クエスト探偵事務所の一行は、まるで旅行にでも来たみたいに買い物をしていた。そして一行の乗った飛行機は香港を飛び立つ。もう一つのクエストを残したままで…。

「いや〜、やっと日本に着いたぞ〜…あれ?やり残したことがあったような気がしたけどな」

「え〜っと?何かありましたっけ?」

「あっそうだよ。本田さんがさらわれたままです」

「お〜っ、忘れていた。急いで事務所に戻ろう」

 クエスト探偵事務所に着いた一行は、テレビを見て気付く。今回のクエストは大きなものだったのを…。

「本田さんが殺されたって〜?」

「そうみたいだな」

 皆が驚いてテレビを見ていると、事務所の電話が鳴った。

「はい、クエスト探偵事務所です」

「すいません、太田ですが、沢田さんはいます?」

「少々お待ちください。…沢田さ〜ん、おでんわ〜」

「もすもす〜」

「太田です。どうも」

「なんでっしゃろ」

「本田さんを殺したのは、佐久間春樹(さくまはるき)という人物が上がりましてね。妹のほうも同一人物であろうと思うのですが…」

「そうですか」

「それでですね。チャネリングをお願いしたいんですよ」

「えっ、ちょっと…」

「無理ですかぁ…わかりました」

「すいません」

 沢田は恐縮しながら電話を切った。

「本田さんを殺したのは、佐久間という人物らしいですね」

「佐久間だって…」

 大久保が呟く。

「佐久間といったら、狙った獲物は絶対逃さないという、プロの殺し屋じゃないですかあ」

「仕方が無い、今回のクエストから手を引こう。そして事務所を解散する」

 河井が残念そうに言った。そしてクエスト探偵事務所はこの日を最後に解散し、皆、それぞれの道へと進んでいくのであった。

(終わり)