日々雑感。へ

・贅沢な悩み・

いつから感情を表に出すのが下手になったんだろう

みんなで飲みに行っても 上手く話の輪の中に入れずに立ち往生してる

話したいことはたくさんあるのに それが上手くできなくて 一人で飲んでる気がしてる

 

もともと感情を押し殺すことに慣れていた

見知らぬ人たちの中でおとなしく過ごすことに慣れていた

そう 弟の入院見舞いなのに 小学生だからと病室に入れなくて エレベータホールで一人母を待っていた時のように

そうか コンプレックスがまだあるのかもしれない

「たちつてと」の「つ」が上手く発音できなくて 小学生の時に遠くの「ことばの教室」に通ってたっけ

 

文字だけのつながりに疲れたのかな

インターネットが普及し始めて最初は楽しかったけど

そこには「声」がない「温もり」がない

 

そう 本当は

声が聞きたいのね

温もりを感じたいのね

別にそこに恋愛感情があるわけでもない

純粋に触れ合いたいのだということ

 

それは贅沢な悩みなのだろうか